ホーム > 生活一般 > 東京の人のカーテンは刺激的だと幼心に思いました

東京の人のカーテンは刺激的だと幼心に思いました

ずいぶん昔の恋愛系番組で、彼氏とのラブラブ期間を長く持続させるために愛の象徴である赤色で部屋をコーディネートしていると話している人がいました。カーテンもベッドカバーもクッションも赤。「東京には赤いカーテンが売っているのか」と幼心に衝撃でした。衝撃的過ぎて、未だに覚えています。そして、赤で揃えて効果はあったのでしょうか。結末も気になっています。

 

カーテン 東京で探してみる

 

青いカーテンと聞いても違和感はあまりないのに、赤だと一瞬考えてしまうのは落ち着かなさそうだと思うからかもしれません。そういえばリラックス効果は青とか緑のイメージです。刺激は時には必要だけど毎日はいいかなというかんじです。でも色んな色の選択肢があるというのは、やっぱり東京ってすんげぇなぁ。


関連記事

美意識の高まり
昨今における日本での美容意識への高まりには目を見張るものがあるという声もきかれる...
レチイノン酸クリームによるスキンケアについて
スキンケア商品の中に、レチイノン酸クリームがあります。 このスキンケア商品に含ま...
東京の人のカーテンは刺激的だと幼心に思いました
ずいぶん昔の恋愛系番組で、彼氏とのラブラブ期間を長く持続させるために愛の象徴であ...
探偵の料金を安くするための注意点
探偵の調査料金というのは高いというのが一般的です。 でも、その調査料金を安くする...
借金の上限額をあげるために 
  自己破産の申し立てまでの期間は提訴といった法的な行為は承認されます...
テスト
テスト記事です。...